ケアハウスみつえ秀華苑は、平成18年4月に、宇陀郡御杖村にオープンいたしました。当施設は、介護保険制度では特定施設入居者生活介護となり、通称「特定ケアハウス」の指定を受け運営しております。立地としては神末地区の中心で、小学校の跡地に御杖村の村営として建設されました。私ども清光会は、御杖村との指定管理契約により事業展開させて頂いているところであります。村営の施設である事から、入居者様は定員30名のうち29名が御杖の方となっています。小学校の跡地と言うことで敷地が広く、苑内もゆったりした造りになっており、また苑庭も広く芝生の中に散歩コースもあります。居室は全室個室で、3つのユニットに分かれているため、少人数での生活の場となります。当然、地元の方ばかりなので親しくされ、話もはずみます。私達職員は、今まで家で過ごされていた生活をできるだけ引き継ぐケアに当たっています。これからも入居者様が安らぎとゆとりのある生活を送って頂けるようサポートしてまいります。
 また併設して、ショートステイ(定員3名)とデイサービス(定員25名)とヘルパーステーションの事業を行っております。開設当初より当苑の使命として目指している「この地域での福祉の拠点として地域への貢献」を念頭に職員一同頑張っているところであります。今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
 
ケアハウスみつえ秀華苑
施設長 奥田 敏美